わたしにとっては 輝く日常

3人の子どもとの平凡な毎日。でも、自分にとってはキラリと輝く日常でありたい。

※汚画像あり!4年半使ったエアコンを業者クリーニングしてもらいました

スポンサーリンク

f:id:miyucho728:20181206121122j:plain
2014年の春に建売戸建を購入した我が家。

 

それと同時に購入した、リビングと寝室のエアコン。

使用期間は4年半ほどになりました。

 

今回、自分では手の届かないエアコン内部の分解クリーニングを業者さんにやってもらったので、

  • 4年半使用したエアコンの汚れはどうだったのか
  • どれぐらいキレイになったのか
  • 気になるお値段は?

というところを書きたいと思います。

 

 

フィルター掃除だけでは不十分な、隙間からも見える汚れ・・・

先月、「そろそろ肌寒くなってきたし、使い始める前にフィルターでも掃除しておくか~」ということでフィルター掃除しました。

今まで、こんなかんじでシーズンの前後にフィルター掃除をする程度のお手入れでした。

 

しかし、よくよく見ると、フィルターを外した奥のファンの部分に黒カビやほこりの塊のような汚れが・・・!!

f:id:miyucho728:20181204125303j:image

隙間から覗くと見えるぐらいになっていて、「いや~・・・。こりゃ、赤ちゃん寝てる部屋で使いたくないわ。」と、気になりだすと気になる・・・。

 

業者のクリーニングはお高そうだし、なんとか自力でやる方法はないのか?と、検索してみると、市販の洗浄スプレーというものがあるそうで。

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420ml 2本

アース製薬 エアコン洗浄スプレー防カビプラス 無香性 420ml 2本

 

しかし、下手にやるとエアコンが故障してしまったり、逆に臭いやカビが発生してしまったりと、自己責任なところもあるよう。

 

数万円の出費を惜しんで、故障して、数十万のエアコン買い替え。なんてことになっても困りますよね。

 

今回は購入から4年半経って、だいぶ汚れも目立ってきているので、

「少し高くても業者さんにどんなものかお願いしてみよう。その様子を見て、次回以降自分でも出来そうなら自分でやろう!」

ということで、今回はハウスクリーニング業者さんにお願いしてみることにしました。

 

ハウスクリーニング業者に見積り依頼

エアコンのクリーニングを業者にやってもらうと決めたものの、全く初めてのことなので、どこに頼んだらよいのか分からず。

 

とりあえず、ネット検索。

そして、まず一括見積もりサイトの『ズバットハウスクリーニング比較』で見積もりを取りました。

 

\こちらから一括見積もりできます/

こちらの一括見積サイトから紹介されたのは、自宅付近の業者さんが2軒でした。

 

どちらも、“地域密着”というかんじで対応も料金も悪くはなかったのですが、どこか大手のところも見積もり取ってみようということで、次に依頼したのがCMでおなじみの『おそうじ本舗

 

3件の見積もりを比較してみましたが、どの業者さんも大体

  • スタンダードな家庭用壁掛けエアコン 1台10000~12000円
  • おそうじ(自動フィルター清掃)機能付きエアコン 1台15000~20000円
  • 室外機 1台5000円

というかんじで、大きく料金が変わるというかんじではありませんでした。

 

あとは、『防カビ抗菌コート』がサービスになっていたり、割引キャンペーンをやっていたりの差。というかんじでした。

 

どこにするか比較検討した結果、今回は年末年始のキャンペーンで少しお安くなっていた『おそうじ本舗 』さんに決定!

 

  \3000円割引は大きい!/

  

見積もりから約2週間、クリーニング当日

HPから見積もり申し込みをして、隣町の店舗の方から連絡があり、一番早い日程ということで2週間後になりました。

 

そして当日。

エアコンの下は、作業が出来るように物をどかしておかないといけないということで、父がたまたま仕事休みだったので、手伝いを要請して朝から準備。

 

リビングエアコンの下にはパソコンデスク、寝室にはベッド(脚付きマットレス)があったので、部屋の隅に物をずらして、ベッドは立て掛けて、スペースを空けておきました。

 

10時頃スタッフさん到着。私と同世代の男性でした。

軽く挨拶をして、エアコンの場所・状態を確認。

当日の作業の流れなどの説明、道具の準備で約30分でした。

 

リビングエアコン(おそうじ機能つき):作業時間約4時間

そして、いよいよ作業開始。

 

リビングのエアコンは、おそうじ機能付きのものだったので、分解に少し時間がかかるようだったので、こちらから作業にかかりました。

 

来られたスタッフさんは、前職は家電量販店や携帯ショップなどでも働かれていたそうで、手際よくエアコンを分解していきます。
f:id:miyucho728:20181204125336j:image

中を開けると、なにやらコードがたくさん・・・

機械も複雑についています。

こういった分解は自分ではなかなかコワくてできませんよね。

 

分解作業に1時間半。  

分解された部品たちです。

(ブログ用に写真撮らせてください。と言ったら綺麗に並べてくれました(笑))
f:id:miyucho728:20181204125344j:image
f:id:miyucho728:20181204125340j:image

 

実は、今回作業に来てくださったスタッフさんの前に、おそうじ本舗の違う店舗の方からはじめ連絡があったのですが、ちょっとした料金トラブル(キャンペーンの内容の認識違い)があり、クレームを入れたと言うほどではないのですが、再度HPの総合問い合わせに連絡を入れて、別の店舗の方に来てもらった。という流れがあり、我が家付近のおそうじ本舗の店舗の中でも、対応の良い方が来てくれたようです。

 

その担当スタッフさんが、10月から新たに始まった研修を受けられていて、通常外していない『ドレンパン』という部品を外してのクリーニングをやっていただけるということでした。

f:id:miyucho728:20181205225624g:plain

ドレンパンとは

 

ドレンパンは熱交換器のフィンの下部にあり、冷房時にフィンで発生する水分を集めて外部に排出するためのパーツです。水分の受け皿ともいえます。

水分にさらされているため汚れが溜まり易い部分です。

汚れが激しいと不衛生やニオイの発生だけでなく、排水不良によりドレンパンから水があふれ、エアコン前面からの水漏れという現象に至ることもあります。

参考:株式会社 コンホーム・ラボ

 

通常5000円程度のオプションなのですが、「まだ始まったばかりで、自分も練習になるので、今回はサービスでやらせて下さい!」というので、今回はサービスでやっていただきました♪

 

これが、そのドレンパンというやつです。

きったないですよね~~~!!!
f:id:miyucho728:20181204125354j:image
f:id:miyucho728:20181204125252j:image

これ、全部カビ・ほこりです・・・

 

通常は、このドレンパンというのは外しにくく、機種によっては外れない構造になっていたりもするので、外さずに高圧洗浄機で掃除する程度とのことです。

 

それでも、半分ぐらいはキレイになるようですが、どうしても洗浄液の届かない部分は汚れが残ってしまうということなのですが、外すことが出来れば、スッキリ丸洗いできます。

 

こちらが洗った後です!

f:id:miyucho728:20181204125325j:image

f:id:miyucho728:20181204125321j:image

黒くビッシリ、カビ・ほこりがついていたのが、キレイピカピカ。

これなら触れます(笑)

 

そして、こちらは部品が外された本体の方。

こちらも少し離れたところからも分かるぐらいの汚れ具合・・・
f:id:miyucho728:20181204125311j:image

寄ると、こんなに汚れが・・・!!
f:id:miyucho728:20181204125241j:image

うぅ・・・これが回って、ここから温風が出てくるかと思うと・・・

なんとなく、エアコンの下にいると埃っぽいような気がしていたのですが、小さなカビ胞子・埃が飛んでいたのでしょうね・・・

 

養生をして、周りに洗浄液が飛ばないようにしています。

f:id:miyucho728:20181204125328j:image

 

高圧洗浄機で洗浄液を当てていきます。
f:id:miyucho728:20181204125331j:image

 

またまた、ブログ用に右だけ洗浄液を当てた時点で写真を撮らせて下さいました(笑)
f:id:miyucho728:20181204125307j:image

色がもう全然違いますよね。

左側は黒ずんでいますが、洗浄液を当てた右側は、本来の白っぽいシルバーの色に戻ってます。

 

洗浄液の後は、水を高圧洗浄機で当ててクリーニング終了です。
f:id:miyucho728:20181204125359j:image

 

もう一度、ビフォー・アフターの比較写真です!

 

【ドレンパン】

f:id:miyucho728:20181204125809j:image

 

【エアコン本体】

f:id:miyucho728:20181204125813j:image

もう、差は歴然ですよね!

 

こちらは、洗浄時に出た汚水です。

黒カビがうじゃうじゃ・・・

f:id:miyucho728:20181204125244j:image

 

ちょっと時間を置いて、泡がなくなったところ。

汚いですねー・・・
f:id:miyucho728:20181204125349j:image

やはり、購入から4年半経っているということ、使用頻度の高いリビング、小さな子どもたちがドタバタしているので、ほこりも舞いやすいということで、なかなかの汚れです。

 

しかし、購入から10年近くなってやっとクリーニングを依頼されたりということもよくあることらしく、そうなるともう“墨汁”のようにもっと真っ黒!ということも結構あるそう。

これはまだ茶色っぽい部分があるので、マシな感じらしいです(笑)

 

最後に部品をすべて取り付けて、電源を入れて、ハイパワーで暖房を稼働させて中の水分を乾燥させて作業終了です。

 

作業時間としては、

  • 部品の取り外し:1時間半
  • 部品・本体の洗浄:30分
  • 部品の取り付け:1時間

計4時間ほどでした。

 

今回は、おそうじ機能付きのエアコンということ、『ドレンパン』の取り外し作業もあったということで、少し見立てより多く時間が掛かったそうです。

通常であれば、3時間ほどだそうです。

 

寝室(おそうじ機能なし):作業時間1時間

リビングエアコンが終わったら、寝室エアコン。

 

こちらも購入から4年半経っていますが、使うのは夏場の寝苦しい夜ぐらいで、1年のうちの2~3ヶ月程度だし、エアコンのある部屋でドタバタ動いたり、油料理をしたりということもないので、リビングエアコンより全然汚れは少なかったです。
f:id:miyucho728:20181204125247j:image

 

汚水も『うわぁ~・・・』となるほどの汚れではありませんでした。
f:id:miyucho728:20181204125256j:image

寝室エアコンは、おそうじ機能なしで、ドレンパンも外せないタイプだったので、スムーズに取り外しも終わり、1時間程度で終了しました。

 

室外機:作業時間30分×2台=1時間

今回、せっかく業者さんに来てもらうんだったら、室外機もセットでやってもらおう!

ということで、こちらもセットでお願いしていました。

 

“エアコン”というのは、室内機と室外機がセットになっていて、このパイプで繋がれた2つの機械の間を、空気が行ったり来たりしながら、冷房は涼しい風が、暖房は暖かい風が部屋の中に出てくるということなのです。

エアコンはどうやって部屋をすずしくするの? | ダイキン工業株式会社

 

室外機は、室内機のようにカビなどは付きにくいですが、外にあるもので、泥汚れなどが付きやすく、そうすると、

  • 風量の低下
  • 電力の消耗
  • 室外機の劣化が早まると、エアコン自体の寿命が縮まる

ということがあるそうです。

 

 

「室内機をクリーニングして、これでエアコンの効きも良くなったかな?」と思ったのに、効果が期待したほどではなかったというお宅に、後日、室外機の方のクリーニングを追加でやってみたところ、断然効きが良くなった!ということもあったそうです。

 

室内機の分解はシンプルなので、1台あたり30分ほどで取り外し・洗浄・取り付けまで終わっていました。

 

上と全面のふたを外すとこんな感じになっています。
f:id:miyucho728:20181204125315j:image

 

部品を外したら、高圧洗浄機でバーッとおそうじします。
f:id:miyucho728:20181204125300j:image

 

室外機のクリーニングもセットでやると効果的ではあるけど、室内機のクリーニングほどの劇的な変化があるわけではないので、こちらは、普段から室外機の周りに泥や落ち葉がたまらないようなおそうじと、少し目詰まりしているところがあったら、ほうきやブラシなどで軽く目詰まりを取り除いておくなどのお手入れをすれば、次回からは室内機のクリーニング2回に1回ぐらいやればOKとのことでした。

 

気になるお値段はおいくら?

今回、ハウスクリーニング業者さんにお願いして、キレイさっぱり!大満足だったエアコンクリーニングですが、気になるのがそのお値段ですよね?

 

我が家の場合の料金はこれぐらいでした!

  • リビングエアコン(おそうじ機能つき) 18,000円
  • 寝室エアコン(スタンダード) 1,1000円
  • 室外機 セット価格 5,000円×2台=10,000円
  • キャンペーン割引 -3,000円

合計 36,000円(税抜)

そして、税込38,800円のところ、ちょっとおまけして頂いて、38,000円でした!

 

今回は、2台同時+室外機セットのフルコースだったので、なかなかいいお値段になってしまいましたが、もう、あの黒カビビッシリな内部を見てしまったら・・・

 

これで、キレイな空気で部屋の温度を調節してくれて、エアコンの効きが良くなって、電力の消費も少なくなってくれるなら、まぁ、アリかな。というお値段です。

お値段の割に満足度は高いものになりました!

 

どれぐらいの頻度でやってもらうといいの?

今回、業者さんにお願いするエアコンクリーニングは、自分で出来るクリーニングとは差が歴然だったものの、やはり1台1万円以上はするので、頻繁にやってもらえるほど気軽には出来ませんよね。

 

ネットで情報を見ると「1年に1度はやってもらいましょう!」なんて書いてあったりもしますが、スタッフさんに「ぶっちゃけ、どれぐらいの頻度でやるのがいいですか?」と聞いたところ、

「まー、リビングは汚れやすいので2~3年に1度、寝室は使用頻度が低ければ3~4年に1度というご家庭が多いです。ただ、今回4年半でどれぐらいの汚れだったかが分かったと思うので、お客様のさじ加減でご依頼いただければと思います!」

とのことでした。

 

確かに、リビングの方はかなりの黒カビで、「4年は放置できないな・・・」というかんじだったので、3~4年に1度。

寝室の方は4年半使用でも思ったほど汚れが付いていなかったので、普段のフィルター掃除をしっかりやって、4~5年に1度でいいのかな?と思いました。

室外機も4~5年に1度とか?

 

“おそうじ機能付きエアコン”ってどうなの?

ちなみに、元家電量販店に勤めていたスタッフさんに

「今回、クリーニングお願いするので思ったんですが、“おそうじ機能付きエアコン”って、クリーニング料金も高いし、フィルター掃除は自動でしてくれても、内部は結構汚れてたから、結局、おそうじ必要になるし、わざわざおそうじ機能付き買うメリットあるんですかねぇ?」

 と聞いてみました。

 

そしたら、

「そうなんですよねー。売る側はおそうじ機能付きの方がそれだけで数万円高いのでおススメするんですけどねー(笑)実際のところ、価格に見合う価値があるかといったら微妙なところなので、同じぐらいの予算だとしたら、対応畳数がギリギリでおそうじ機能付きを購入するのであれば、畳数を余裕あるハイパワーなものにして、おそうじ機能ナシのスタンダードなものにした方がいいです。」

とのことでした。

 

これは、我が家もリビングエアコン買い替えの時の参考にしたいと思いました。

 

まとめ

以上、4年半使用したエアコンを業者さんにクリーニングしてもらったレポでした!

 

自分ではなかなか手入れの行き届かないエアコン内部の洗浄。

でも、4年半使用すると黒カビびっしりでえらいことになってました・・・

 

少々お高めな出費にはなりますが、これで、キレイな空気で部屋を暖めて(涼しく)くれて、エアコン寿命も延びたとしたら、まぁ、必要なメンテナンス費用かな。と思いました。

 

どうでしょう。今回のレポの汚画像を見て「うわ・・・。うちもヤバそう。」と思った方!(笑)

 

何年もフィルター掃除程度で内部クリーニングされていないエアコンをお使いだったら、よく使うリビングのエアコンだけでも業者さんにクリーニングされることをおすすめしますよ!

 

今回お願いした『おそうじ本舗』さん。

対応もしっかりしていてよかったですよ。

 

\今ならキャンペーンもやってます/

 

\一括見積で地域密着型の業者さんを探すのもいいかも/