銀行口座・クレジット使い分け

メインバンクにおすすめ!【三菱UFJ銀行×じぶん銀行】の併用が便利!

みなさん、メインバンクはどちらを利用していますか?

メインバンクとは

企業にとっての取引銀行の中でも、最も取引額が多いまたは密接な関係にある銀行のこと。

引用元:実用日本語表現辞典

このような銀行のことです。

個人の場合は、大抵、給与受取をしている銀行=メインバンクという方が多いのではないでしょうか。

毎月給与受取があれば、必然的に月1回以上は取引があることになりますからね。

我が家では、
夫 ⇒ 三菱UFJ銀行
私 ⇒ 三井住友銀行
を利用しています。

すみれ
すみれ
夫も私も、単純に職場で指定された給与口座が上記の銀行だった。という理由です(笑)

最近では、ネット銀行の方がATM手数料も無料だったり、定期預金の金利もメガバンクより良い。ということで、ネット銀行に口座を持つ方も増えてきましたよね。

ただ、まだ会社からの給与受取口座で、自由にネット銀行も含めて指定出来るというところは多くはないのではないでしょうか?

会社側も、社員の毎月の給与振り込みに手数料をかけていると、ちりも積もれば・・・でなかなかな経費になりますから。
管理の面でも、振込み口座が統一されているとラクということもあるのでしょう。

大体の場合が、

  • ちゅうちょ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 会社のある地域の地方銀行

このあたりを指定されることが多いのではないでしょうか。

もし、ネット銀行が指定可能だったとしても、なんとなくメガバンクを指定しておいた方が安心なような気がしますよね。

メインバンクは、使い勝手が良いかどうかが重要になってきますが、最近は、大手銀行と連携しているネット銀行も増えてきているので、メインバンクと連携しているネット銀行をサブにすることで、利便性が上がります。

今日は、三菱UFJ銀行をメインバンクにした場合のお話をしたいと思います。

三菱UFJ銀行をメインバンクにしているなら、『じぶん銀行』を併用すると便利!

『じぶん銀行』って、ご存知ですか?

2008年に、KDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して設立されたインターネット銀行です。
[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.jibunbank.co.jp/about/"]

ネット銀行らしく、利便性がとてもよく、

  • 電子マネー(au wallet)チャージ
  • ケータイ番号振込み
  • 定額自動入金サービス
  • スマホATM
  • AI外貨予測
  • 外貨受取サービス

が主に便利な機能であります。

ATM引き出し手数料は月2回~無料

ネット銀行が便利な一番のポイントというのが、コンビニなどのATM手数料が無料だったり、安かったりすることではないでしょうか。

じぶん銀行は、預金残高や口座振替、給与振込の有無などによって『じぶんプラス』というステージ特典が受けられるようになっているのですが、最低ランクの+1でも月2回のATM引き出し手数料が無料になります。

残高照会、預け入れはいつでも無料です。

主要なセブン、ファミマ、ローソンのコンビニATMも利用可能なので、いつでも引き出し・預け入れをすることが出来ます。

三菱UFJ銀行↔じぶん銀行の振込手数料が無料!

KDDIと三菱UFJ銀行の共同出資銀行なので、三菱UFJ銀行↔じぶん銀行の振込手数料が、なんと何回でも無料なのです!

しかも、リアルタイムで振込めるというのが良いところ。
※三菱UFJ銀行の24時間即時振込の利用は事前登録が必要。

他行への振込手数料は、通常数百円するものなので、それが何回でも無料というのは便利ですよね。

三菱UFJ銀行×じぶん銀行 利用シーン4つ

そんな、三菱UFJ銀行×じぶん銀行

便利な利用シーンはこんなパターンです。

給与口座 ⇒ お小遣い口座

我が家はこのパターンで利用しています。

夫の給与口座が三菱UFJ銀行なので、私がUFJのキャッシュカード、ネットバンキングのパスワードカードを管理していて、夫はじぶん銀行のキャッシュカードを持っています。

毎月25日が給料日なので、給料日にUFJの口座への振込みを確認して、お小遣い額をポチポチっとじぶん銀行に移しています。

じぶん銀行はほとんどのコンビニATMで手数料無料で引き出し可能なので、夫は好きな時にATMでおろしています。

みゆも
みゆも
じぶん銀行を作る前は、わざわざATMでおろして手渡ししてたので、すごくラクになったよ! 急に飲み会が入ってお小遣いが足りない。という時も15時までなら即入金されるから便利!

給与口座 ⇒ 生活費口座

給与口座から毎月決まった額の生活費を移している方も、わざわざATMでおろしてから、生活費口座へ移すという手間が省け、手数料無料でネットバンキングでポチポチすればいいだけなのでラクです。

2018年現在、じぶん銀行にはデビットカードはありませんが、2019年春に『スマホデビット』という、QUICPayを使って即時預金口座から決済するサービスをリリース予定だそうです。
[pz-linkcard-auto-replace url="https://www.jibunbank.co.jp/corporate/news/2018/pdf/news_20180626_01.pdf"]

給与口座 ⇒ クレジットカード決済口座

給与口座とクレジット決済口座を一緒にしていると、うっかり残高が足りなくて引き落としされなかった!
ということがないのは良いですが、クレジットカード利用の場合、実際に使ったタイミングと引き落としのタイミングがズレるので、純粋に手元に残っているお金がいくらなのかが把握しづらいです。

私は、収入が入ってくるメイン口座とクレジットカード決済用の口座を別にして、クレジットで使った額を月に一度カード決済用口座に移し替える作業をして、この問題を解決しています。

みゆも
みゆも
クレジットカード利用は、ポイントがつくのがいいところですよね。

私はメイン口座が三井住友なので、じぶん銀行の利用ではありませんが、同じようにネットバンキングを使い、手数料無料で振込みが出来る方法を使っているので、給与口座が三菱UFJ銀行の場合は、クレジット決済用口座をじぶん銀行にすると便利ですね。

給与口座 ⇒ 特別費貯蓄用口座

下記のような『特別費』を貯蓄と別に貯めている方もいるかと思います。

  • 税金(自動車税、固定資産税など)
  • 冠婚葬祭
  • 車の維持費(車検費用など)
  • 家の維持費(修繕費の積み立てなど)
  • 旅行費
  • イベント費(子どもの誕生日・クリスマスなど)

貯蓄の場合は、正直、他にもっと金利の良いネット銀行があるので、他を検討してみてもいいのかと思うのですが、純粋な貯蓄ではない、出ていく予定のある『特別費』は、給与口座と連携している銀行の方が予算の移し替えがラクなので良いと思います。

新規の口座開設はポイントサイト経由で!

新規で口座開設をする場合は、ポイントサイトを経由するとポイントがもらえるのでお得ですよ♪

タイミングによって、付与されるポイント数は変動しますが、大体、1500円分ぐらいもらえることが多いです。

『じぶん銀行』の口座開設におすすめなポイントサイト

モッピー

こちらのリンクから登録&条件達成で最大1300P(1300円分)もらえるキャンペーン中!
(10月31日まで)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ハピタス

こちらのリンクから登録&条件達成で最大1000P(1000円分)もらえるキャンペーン中!(10月31日まで)
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ライフメディア

こちらのリンクから登録&条件達成で最大500P(500円分)もらえます。
ライフメディアへ無料登録

i2i ポイント

こちらのリンクから登録すると1000P(100円分)もらえます。
10/31までは、いつもの2倍の2000P(200円分)のキャンペーン中!
1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!

まとめ

以上、メインバンクに便利な三菱UFJ銀行×じぶん銀行の口座使い分けについてでした!

利用する時間帯、手数料を気にせず、振込みが出来るというのは便利ですよね!

今、メインバンクを三菱UFJ銀行にしている方は、じぶん銀行の新規口座開設をすると、いろいろと使い分けが出来ますし、これからメインバンクをどこにするか迷っている方は、三菱UFJ銀行はメガバンクの中でも上位で使い勝手の良い銀行なのでおススメですよ。

みゆも
みゆも
給与口座をネット銀行に指定するのもいいけど、メインはメガバンク・サブに提携特典のあるネット銀行『安心×使い勝手』でおススメ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です