銀行口座・クレジット使い分け

【家族カード】共働きの家計管理でも使える!便利な利用シーン4つ

1枚以上クレジットカードを持っている方がほとんどかと思いますが、『家族カード』ってお持ちですか?

独身だったり、共働きで自分の収入がある方は、大抵の方がクレジットカードは本人名義のクレジットカードですよね?

『家族カード』というと、収入のない子どもや専業主婦の方が持っているイメージですよね。

私も出産前、フルタイムで働いていた頃に作ったカードを3~4枚持っていたので、これ以上クレジットカード・家族カードは必要ないと思っていました。

そのため、結婚後しばらくは自分の本人カードのみでした。

しかし、この『家族カード』

結婚して、パートナーと家計を共にするようになると、共働き、専業主婦関係なく便利だと気づいたのです!

我が家の家族カード活用例を書きたいと思います。

共働き家庭の家族カード便利な利用シーン4つ

①夫の口座から支払いしたいけど、契約者本人のカードでないといけない場合

まず、家族カードを検討したきっかけが携帯電話会社をauからmineoにした時でした。

auの頃は、契約名義はそれぞれで、引落口座は夫にまとめるということが出来ていたのですが、mineoの場合は、契約者本人の名義でないといけないということでした。

我が家の家計は、基本的には私が一括管理しているのですが、引落口座は、ざっくりと

固定費→夫
変動費→私

というように家計費分担しているので、どうしても携帯代は夫の方にまとめたかったのです。

そこで、どうにかまとめる方法がないか検索して知ったのが家族カードを使うことでした。

こういった、引き落としは夫名義の口座にまとめたいけど、契約者名は妻なので、妻名義のクレジットカードではないといけない。

という場合に便利です。

②夫に頼まれた買い物だけど、手元に夫のカードがなくて一旦自分のカードで支払う。というのが面倒な時。

これ、結構あるんですよね。

例えば、

  • 夫に頼まれた買い物
  • 人気チケットの抽選のためにそれぞれの名義で申し込みしたけど、当選したのが私だけで、一旦、当選者名義のカードで支払いをしなければいけない
  • ショッピングサイトの登録が妻のアカウントだった

などなど。

買い物した後、立て替えた分をすんなりもらえればいいのですが、なかなか戻ってこなかったり、ATMで引き出すのが面倒だったり。

数ヶ月後に自分のカードで引き落とされるので、なんだか損した気分にもなります(笑)

こういった場合も、自分名義のクレジットカードでも引き落としは夫の銀行口座なので、損した気分にならずに済みます。

③支払いは夫にしたいけど、ポイントは自分に貯めたい時。

先日、新しいテレビを注文した時です。

そのテレビの支払い自体は、夫の口座から引き落としにしたかったのですが、そのネットショップでの登録は私のアカウントだし、貯まるポイントも自分に貯めたい。(夫はポイントとかどうでもいい人なので)ということで、家族カードを使用しました。

※そのショッピングサイトのポイントは購入したアカウントに入りますが、クレジットカード利用額に応じたポイントは本会員のところに入ります。

例)
ビックカメラのオンラインショップで10万円のテレビを楽天カードの家族カードを利用して購入した場合、
ビックポイント(10%)10000P → 購入者(家族カード利用者)
楽天カード利用のポイント(100円で1P)1000P → 本カード会員

④児童手当分を保険に振り替える場合の保険料支払い

これは、わが家で一番、家族カードがあって便利だったことです。

我が家は、子どもたちの児童手当の同等額をそれぞれ学資保険代わりの低解約返戻金型終身保険に加入しています。

長男・三男の分は夫の死亡保障のために夫名義、次男の分は夫の死亡保障は現状充分ということで私名義にしました。

保険料の支払いは契約者本人のカードでないといけないということだったので、以前は、私のクレジットカードで引き落としになっていました。

でも、児童手当って、世帯主である夫の口座にまとめて入ってきますよね。

なので、児童手当が入った頃に次男分を夫の口座から私の口座へ移すという面倒な作業をしていたのです。

それが、家族カードを使用することで、移す手間がなくなりました!

家族カード作成のメリット

上記のようなシーンでの家族カード利用の他にも、家族カードにはメリットがあります。

①年会費が無料、もしくは安い。

我が家で愛用している楽天カードの場合ですが、通常カードは本人カード、家族カードともに年会費無料。

ゴールドカードの場合は本人カード2160円、家族カード1枚540円
プレミアムカードは本人カード10800円、家族カード1枚540円です。

以前は、プレミアムカードの家族カード年会費は5400円だったようですが、2016年10月から540円になったようです。

みゆも
みゆも
年会費10800円と同等のカードが540円で持てるなんて、お得すぎ!

※ただ、海外の空港ラウンジが利用できるようになる『プライオリティパス』の申し込みは、本会員のみの特典なので、家族カードでは出来ません。

②ポイントをまとめられる。家族間のポイントの移行も可能。

使用した額に応じたポイントは本会員のポイント口座にまとめられます。

楽天カードの場合、本会員・家族会員の家族間であればポイントの移行も可能です。

マイルを貯めている人は、まとめた方が貯まりやすいのでいいですよね!

③年会費は無料(or 安い)けど、ちゃんと不正使用や盗難保険、海外旅行傷害保険が付いている。

家族カードでも、本カードと同等の補償が受けられます。

カードによって、補償の額だったり、持っていれば対象になる自動付帯か、航空券やツアー料金をそのカードで支払えば対象になる利用付帯か。などは違うので、確認して下さいね。

④ゴールドカードの家族カードで、空港ラウンジや百貨店のサロンなども利用できる。

楽天ゴールドカードだと、国内28箇所+ホノルル、仁川の空港ラウンジが利用できますが、家族カードも同様に利用できます。(年間2回まで)

※上記でも記載しましたが、楽天プレミアムカードでは、海外の空港ラウンジが無料で利用できる『プライオリティパス』が申し込み出来ますが、こちらは本会員のみの特典です。

イオンカードは、所定の条件を満たすと無料でゴールドカードが発行されますが、それを持っていると、イオンラウンジが利用できます。
イオンによく行かれる方はいいですね。

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾンゴールドの場合、西武のプラチナサロン、そごうのロイヤルサロンが利用できます。

ゴールドカードを持っている=一定の利用額以上ある上顧客ということで、こういった特別対応があるのでしょうね。

みゆも
みゆも
“ラウンジ”とか“サロン”って特別感あっていいですよね。憧れます。

 

招待制のゴールドカードを目指す場合も、本会員のみで利用するより、家族カードも合算していた方が、より早く招待が来るのもメリットですね。

デメリット

新規入会時のポイントが少ない

本カード新規入会の場合は、5000ポイントや10000ポイントなど、入会キャンペーンのポイントが高額なことも多いですが、家族カードの場合は、そういったキャンペーンがなかったり、あっても本カード入会時と比べると少額だったりします。

限度額は本カードと家族カード合わせた額

『家族カード』というのは、あくまでも『本カード』の一部。という扱いなので、利用限度額は、本カードの限度枠内となり、家族カードを持っているからといって、利用できる額が増えるわけではありません。

まとめ

共働き家庭で自分の本カードを持っている場合も、意外と使い分けに便利だった家族カード。

年会費無料で作れるカードも結構あるので、自分の本カードの他に、サブとして1枚持っておくと便利ですよ!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です