わたしにとっては 輝く日常

3人の子どもとの平凡な毎日。でも、自分にとってはキラリと輝く日常でありたい。

夫のパパスキルがだいぶ上がったなぁ。と感じる最近。

スポンサーリンク

結婚して丸5年。今では3人の子宝に恵まれた我が家。

 

夫は、30手前で結婚するまで、1年弱の一人暮らし期間を除いては、ほとんど実家暮らしでした。

9つと6つ歳が離れたお兄さんがいる、三兄弟の三男。

特に年下の面倒見がいいというわけでもなく、かといって年上に媚びるタイプでもなく、ただただマイペースな雰囲気の人です。

 

そんな夫なので、結婚当初、それほど家事育児を率先してやるかんじではありませんでした。

ただ、“協力的ではない”というより、“今まであまりやってこなかったから、何をやったらいいか分からない”というかんじ。

言えば、結構文句も言わずにやってくれるのです。

それはほんとにありがたいことです。 

 

夫と結婚する前の20代半ばにお付き合いしていた人は、言っても素直に聞き入れてくれない、話し合いにもならない。という、どうしようもない人だったので(しかも、国も違うので、文化の違いもあった)、30を目前にして、『私もそろそろ結婚相手探したい!!』と思った時に、結婚相手に望む条件を整理して

  • 容姿はまぁ生理的に受け付けない。とかじゃなければいい。
  • 収入も私も多少働けばいいから真面目に働いてて、そこそこあればいい。
  • 趣味が合う、合わないは、全部合わなくても、お互いの好きな事を尊重し合える程度ならいい。
  • 一番の条件はとにかく、何かあった時に『話し合いが出来る人』!!

という条件を考えていました。

 

そして、「この人なら、まぁ、これらの条件当てはまるかな?」と思ったのが夫。

 

よく、『一番好きな人より、二番目に好きな人と結婚するとうまくいく』なんていう言葉がありますが、そんなかんじなのでしょうね。

私は、特に“一番好きな人”がいたわけではありませんが、夫に対しては「絶対、この人と結婚したい!!」という情熱的なかんじというか、ゆる~く一緒にいて違和感のない人。という感情です。

 

結婚して丸5年が経った今。

その判断は今のところ間違いではなかったなぁ。と、所々で感じます。

 

お兄さんと少し年の離れた末っ子で、下に兄弟がいないので、育児に参加してくれるのかなー?と思っていたのですが、1人目の時はまぁ私も夫も、ママ・パパ1年目なので、手探り手探り。でも、持ち前の素直さで、やってほしいことを言えば、やってくれるというかんじ。

2人目、3人目となった今では、お互いに経験値を上げたので、夫もすっかりいいパパしてます。

 

f:id:miyucho728:20180717112724j:plain

 

平日は帰りが遅いので子どもたちと関わる部分は少な目ですが、休日であれば

  • 子どもたちのおむつ替え(大小問わず)
  • 着替え
  • お風呂に入れる
  • 外食時の子どもたちの食事補助
  • 卒乳後なら、子どもたちとの留守番可能
  • 上2人を公園やショッピングモールに連れて行く
  • 子どもの癇癪をなだめる

こんなようなことはやってくれます。

 

ブログを書いているこの時間も、上2人を水遊びができる公園に連れて行ってくれています。

私は涼しい部屋で、赤ちゃん三男とまったりタイム(*´ω`*)

 

割と、週末の午前中はこうして上2人を外に連れ出してくれるので、これがほんとに助かる!

普段、なかなか三男とふたりっきりでのんびりすることが出来ないので、この時間はホッと落ち着ける、癒しタイムです。

 

しかし、赤ちゃんと2人の時間って、こんなに素敵な時間だったんですね(´∀`)

1人目の時はなんであんなに閉塞感があったのだろう??

育児の経験値が上がったからこそ感じるものなのでしょうか?

年子3人は、ほんとに毎日がドタバタなので、年齢や仕事のことなどに余裕があれば、4~5歳差ずつ離して、それぞれの赤ちゃん育児を楽しむのもよかったなぁ~。なんてつくづく思います。

 

 

私がほんとに夫に感心するのが、子どもとぷらっと出かけられる行動力

 

私は、それほどインドアなタイプでもなかったのですが、なにせめんどくさがり屋なので、これといった予定なく外に出るのが苦手なのです。

だから、子どもとの外遊びもなんとなく苦手。

 

なにか、子供向けイベントなどがあって出掛けるのは好きなので、長男が赤ちゃんの頃や、次男がまだ赤ちゃんだったぐらいまでは出かけたりもしていたのですが、だんだん出かけるまでの準備が面倒になったり、外出先でどちらかがぐずられた時の対処が面倒になって、すっかり今では引きこもり気味な育児をしています。

 

こんな状態なので、夫が上2人とぷらっと散歩に出たな~。と思ったら、しばらく帰ってこなくて、聞いたら「長男にねだられて、また路線バス乗ってきた。」というのを聞いたりすると、「その行動力、ほんと感心するわ~。」と思います。

 

何かあった時のおむつや着替え、おやつなど、何も持たず、スマホと財布だけ持って、手ぶらな状態でぷらっとバスに乗れるなんて!!

 

「今度、子どもたちと電車乗りに行こうかなー。」

なんてことも言っているので、ただただ、すごいです。

子ども2人連れて、私一人で電車なんて、乗ったことないし、いつ2人が騒ぎ出すか分からないからソワソワしちゃって乗りたくない・・・(笑)

 

ママはいろいろな状況を想定して荷造りしてからのお出かけをしたりするので、出かける前に疲れがちだったりしますが、パパはある意味無知な状態でぷらっと出かけられるので、出かけるまでのハードルが低いのでしょうか?

 

この、ぷらっと出かけられること。子どもの外遊びに何時間も付き合えること。というのは、ここ最近「ほんと、パパスキル上がったな~」と、尊敬する部分です。

 

我が家は特に男3兄弟なので、これからもっと同性のパパとの関わりが大事になってくる部分も増えてくると思うので、パパにも積極的に子どもたちと関わってもらって、がんばっていただきたいです。

そして、私は、そんな夫への尊敬の念と感謝を忘れずに。ですね。