わたしにとっては 輝く日常

2人の子どもとの平凡な毎日。でも、自分にとってはキラリと輝く日常でありたい。

生理予定日まで待てない!妊娠検査薬は生理予定日何日前から反応する?※検査薬画像あり

 

1人目の時から、毎回妊活を経ての妊娠だったため、毎回排卵後から高温期は『今周期は妊娠するかな?ダメだったかな?』とソワソワ・・・

 

普通に薬局で売られている検査薬には、“生理予定日1週間後から使用可能”と書かれているものがほとんどですよね。

 

私、決まっているものは早く知りたい!という、せっかちな性格なので、どうにかそれより早く知る方法はないかといろいろと調べました。

そこで、知ったのがフライング検査というもの。

 

 

排卵~妊娠確定までのおなかの中

 

排卵後、卵子が精子と出会い受精卵になると、細胞分裂を繰り返しながら子宮まで移動し、早くて7日目で着床。

この、着床=妊娠成立となるようです。

 

f:id:miyucho728:20170705152038p:plain

こちらのサイトの図が分かりやすかったのでお借りしました。

mamas-life.jp

 

そして、着床2日後ぐらいから、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン) が急激に分泌されるようになってきます。

  

妊娠検査薬の仕組み

 

妊娠検査薬は妊娠した時にだけ尿中に放出される、このhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが、一定の数値以上に達した時に反応するように作られています。

 

生理予定日1週間後から使用可能なものはこのhCGが50IU/L以上、

薬局やドラッグストアで薬剤師さんに購入希望を伝えると出してくれる、生理予定日から使用可能なものは25IU/L以上

で検査可能なようです。

 

妊娠時の週数ごとのhCG基準範囲は下記の通り。

 

≪hCG基準範囲≫

非妊娠時、男性:0.7以下

妊娠3週:0~50

妊娠4週:20~500

妊娠5週:500~5000

妊娠6週:3000~19000

妊娠8週:14000~169000

妊娠12週:16000~160000

妊娠24週:2500~82000

妊娠36週:2400~50000

 

 参考文献:最新臨床検査項目辞典

 

これでいくと、早い人で妊娠3週、遅くとも妊娠4週(生理予定日の週)で検査可能になるということです。

 

フライング検査は早くて高温期9日目から!

 

いろいろと検索していると、高温期7日目から反応するとか、8日目からだとか・・・

でも、一番多いのは高温期9日目という方が多かったです。

私の場合もそうでした。

 

長男妊活時からフライングしまくっていたので、今回も待ちきれずフライングしてました。

その、実際の検査薬画像がこちら!

 

↓  ↓

 

 

高温期9日目を待ちきれず、その前にやった検査薬。

上→高温期7日目 DAVID

真ん中→高温期8日目 DAVID

下→高温期8日目 ドゥーテスト

f:id:miyucho728:20170707115005j:plain

陰性でした。

やっぱり、高温期7日目、8日目でのフライングは早すぎるようでした。

 

私が上2人の時に唯一感じた妊娠初期症状の下腹部のチクチクが続いていたので、着床したのか?と思ったけど、陰性でガッカリ。

でも、きっと早すぎだったんだ。と信じて、翌日高温期9日目にやった検査薬

f:id:miyucho728:20170707115015j:plain

写真だと微妙なのですが、ドゥーテストの方に薄っすら影のような反応が・・・

f:id:miyucho728:20170707115415j:plain

ひとまず、着床はした様子に一安心!

これからしっかり濃くなっていけばOKです。

この薄さが続くとそのまま科学的流産ということもあり得る状態。。。

 

翌日からは、ドゥーテストはお高いのでDAVIDで検査。

一番上:高温期7日目

一番下:高温期14日目(生理予定日)

f:id:miyucho728:20170712141742j:plain

生理予定日2日前ぐらいになると、DAVIDでもちゃんと色づいてきます。

 

ドゥーテストの方は、生理予定日になるとハッキリとした線がすぐに出ました!

f:id:miyucho728:20170712141731j:plain

DAVIDの方が25IU/L以上、ドゥーテストが50IU/L以上のはずなんですけどね(^-^;

ドゥーテストの方が反応が早いし、分かりやすいです。 

 

フライング検査することのデメリット

 

・科学的流産を知ることになる

 

生理予定日1週間後の検査であれば知ることのなかった科学的流産を知ってしまうこともあります。

とても残念で悲しいことではありますが、『着床までは出来た』とポジティブに捉えられるようならデメリットにはならないと思います。

 

・初診へ行くまでの時間が長くなる

 

結局、検査薬で妊娠を知れても、流産や異常妊娠の可能性までは分かりません。

病院で検査するまでは安心出来ないのですが、あまり早くに行っても胎嚢すら確認が出来ず、逆に不安になるだけだったり、保険適用外の高い診察料を余計に払うことになります。

 

初診は結局は早くても生理予定日1週間後の5週か、出来れば6~7週ぐらいまで待った方が心拍も確認出来て良いタイミングだと思います。

そうなると、フライング検査で陽性を見てから、3週間ぐらいはモヤモヤ気になって仕方ない期間を過ごすことになります。

 

どっちにしろ、病院へ行くまで安心出来ないのであれば、フライング検査はしなくてもいいのかもしれません。

 

 

さいごに

 

上記の通り、私の場合は高温期9日目/生理予定日5日前からの反応となりました。

個人差があるものなので、hCGの分泌が早い人、ゆっくりな人がいたり、排卵日がハッキリ特定出来ていなくて計算とズレていたり、不妊治療でhCG注射を使用している人などはまた違った反応になるかとは思いますが、一例として参考にしていただければと思います。

 

フライングをしても、結局エコーでその存在を確認するまでは安心できないし、余計な検査薬代がかかるので、いいのか?悪いのか?というかんじですが、私は妊娠出来たのか出来なかったのかでモヤモヤするより、初診へ行くまでのモヤモヤの方がマシだと思ったので、毎回フライングしてきました。

 

生理予定日まで待てないせっかちさんは高温期9日目ぐらいから試してみるのもいいと思います(*^^*)

 

 

フライング検査にはドゥーテストが一番反応が良い気がします。 

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 2回用

【第2類医薬品】ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬 2回用

 

他の、クリ〇ブルーやチェッ〇ワン、チェッ〇ワンファストも試したことあるのですが、イマイチ線が細くて見づらかったり、蒸発線が出たり。

きっと、ちゃんと生理予定日過ぎてから使用する分にはどの製品も良いんだと思いますけどね(^-^;