わたしにとっては 輝く日常

2人の子どもとの平凡な毎日。でも、自分にとってはキラリと輝く日常でありたい。

抱っこ紐 わたし的には、ベビービョルン オリジナル + エルゴ の2本使いが最強!

 

去年の今ごろ、抱っこ紐についての記事を書きました。

www.myradiantdays.com

 

 

抱っこ紐って、一番使う育児用品のひとつだと思うので、どれを購入したらいいか迷いますよね。

 

0歳代の1年間はほんとに抱っこ紐はよく使うのですが、月齢によって、微妙に楽な抱き方が違うので、なかなか選ぶのが難しいんですよね。

 

そんな我が家はいろいろと試行錯誤した末、抱っこひも類が7本に増えてしまいました(^-^;

 

いろいろなタイプを使ってみて思ったのが、

『首座りまでベビービョルンオリジナル + 首座り後エルゴ』

これが最強だと思いました!!

 

 

2人目で買い足して『本当に買ってよかった!役に立った!!』というものの一つが、ベビービョルンのオリジナルAir。

www.babybjorn.jp

 

オリジナルという腰ベルトがなく、背中はクロスベルトになっているタイプの、メッシュ素材のものです。定価は約1万円。

 

 

長男は秋生まれだったので、新生児期はしろくま堂のスリングだったり、エルゴ+インサートを使用していたのですが、秋でも体温の高い赤ちゃんと密着していると暑かったです。

 

なので、初夏生まれの次男はそれだと絶対暑いだろうなーと。

 

ベビービョルンは新生児からインサートなしで使えて、さらにメッシュ素材がある。ということで、選びました。

 

腰ベルト付きで長く使える、ONEというタイプもあるのですが、すでにエルゴは持っているし、エルゴとベビービョルン両方使ったことがある友達が言うには、

『エルゴの方が肩のクッションが厚いから長時間でも痛くならない。ベビービョルンは時間経つと痛くなってくる。』

と言っていたので、首が座るまで。と割りきって、オリジナル メッシュの方をフリマアプリで半額の5000円ほどで購入しました。

だいたい、3000~5000円ぐらいの間で取引されています。

やっぱり、春夏のシーズンになると狙う人も増えるので高めになります。。。

 

もし、メインはエルゴを使う予定でインサートを買うかどうか迷っている方がいたら、ベビービョルンのオリジナルとの2本使い、おススメします!!

 

断然、装着がラクでした!

さらに、夏生まれベビーちゃんだったら断然メッシュ素材。

 

コットン素材より全然暑くないし、汗をかいて洗濯をしても、数時間で乾きます。

素材も柔らかくて折り畳みやすく、かさばりませんでした。

 

2人目ともなると、必然的に外出する機会も増えてしまうし、上の子を待たせていると、チャイルドシート⇔抱っこ紐、ベビーカー⇔抱っこ紐の装着、乗せ換えもスムーズな方がいいんですよね。

 

インサートだと、どこかで赤ちゃんをインサートに包んでから抱っこ紐の中に入れるかんじですが、ベビービョルンは抱っこしたまま装着できるので、とてもスムーズです。

 

動画が分かりやすいです。


ベビーキャリアオリジナルの特徴

 

エルゴのインサートが定価4000円程(楽天とかだと2000~3000円ぐらい)で購入できるので、エルゴ+インサートと比べると少し高くは なりますが、装着がラクだった分、使う機会は多かったので、ベビービョルンを購入してよかったと思っています。

 

 

第一子で抱っこ紐一本目だったら、エルゴからインサートなしで使える『アダプト』というタイプが出ているので、もしかしたらそちらを購入するかもしれませんが(*´ω`)

 

 

でも、まだ少し安くなって、24000円程なので、普通のエルゴ+ベビービョルンオリジナルAirと大して変わらないかんじです。。。

 

アダプトは前向き抱っこが出来ないですし、それなら2本使いもいいかなと思います(*^^*)

 

ただ、ベビービョルンオリジナルは前向き抱っこ出来るとはいえ、腰ベルトがないので、赤ちゃんが重くなってくると肩がツライです・・・

我が家で使っていたのは、4~5ヶ月までだったかな。

それ以降はもっぱらエルゴ。

使用期間は少し短いですが、この期間は家の中で、外で、ほんとによく使ったので、購入して良かったです。

 

 

抱っこ紐、おんぶ紐を7本使った私が思う、最強の抱っこ紐2本は、

『首座りまでベビービョルンオリジナル + 首座り後エルゴ』

というお話でした。

 

どなたかの参考になることがあればうれしいです(*^^*)