わたしにとっては 輝く日常

2人の子どもとの平凡な毎日。でも、自分にとってはキラリと輝く日常でありたい。

親の友達の子供=子供の友達ではない。ということ。

何回か登場しているママ友Aちゃん。

息子たちが0歳の頃はもう一人Bちゃんもいて、よく3組で遊んでいたのですが、Bちゃんは1年半の育休ののち仕事復帰。

 

平日は子供を保育園に預け、忙しくしているので、なかなか集まれる機会がなくなってしまったのですが、土曜日、半年ぶりぐらいにうちに集まり、3組で会いました!

 

 

bくんも半年会わない間に成長して、保育園ではおかわりするほどご飯をよく食べるので、うちの長男より一回り大きくなっていました。

言葉もしっかりしていて、二語文、たまに三語文も出たり。

やっぱり集団生活をしている子は違いますね!

半面、やんちゃな方に入りそうな子だったのですが、大きいお兄ちゃん、お姉ちゃんたちに揉まれ、逆に人見知りも出てきたようです。

慣れた子たちは大丈夫だけど、頻繁に会わない子や、知らない子だと慣れるのにしばらくかかるそう。

 

 

そんなこんなで、3組、大人3人+2歳児3人+赤ちゃん2人。

いや~。これだけの人数が集まるとワイワイ賑やか過ぎるほど賑やかですね!

これは戸建てでないと厳しいですね~。

特に男の子3人なので。ムダにぴょんぴょんドンドン飛んだり、走ったり、ソファーの上で跳ねたり・・・(゚Д゚;)

おもちゃもトミカ、トーマスの木製レール、ちゃれんじのおもちゃ、積み木などなど、あらゆるおもちゃが子供部屋になっている和室に散乱して、えらい状態になってました(笑)

 

10時頃集まって、子供たち遊んで、お昼はまた宅配弁当取って、また遊んで、持ってきてもらったおやつでティータイムして。17時頃解散でした。

7時間・・・(笑) ママたちはいろいろとしゃべりたいことをしゃべれて、女性3人だとほんと7時間あってもおしゃべりノンストップなものですね。

 

子供たちもみっちり遊んで、おもちゃの取り合いで揉めて・・・。

保育園に行っていても、行っていなくても、やはりそこは2歳児同士。まだ仲良く遊べる歳ではないのだなーというかんじでしたね。

0歳児の頃、揉めることなく遊んで、同じお皿に入ったおやつを食べていた頃が懐かしい!

 

特にうちの自由人長男。 一人遊びの方が断然好きなんですよねー。

自分の遊んでいるものに興味があって、aくんやbくんが近寄ってきても、横取りされると思い、逃げるか、押して威嚇。

 

3人の中では一番言葉が遅いのもあるのかな。でも、一時期の相手の頭を叩いたりしていた時と比べると、バリアーを張るように押したり、ワーと叫んで威嚇する程度になったので、多少成長してるのかな。

 

 

一時期は『なんで仲良く遊べないんだろう。aくんとbくんは少し関わり合いながら遊んでることもあるのに・・・。うちの子の社会性大丈夫かしら?』と悩んだ時期もあったのだけれど、よくよく考えてみたら、

 

自分の友達の子供=子供の友達ではないんだよな。ということ。

 

子供同士だからといって、みんなと仲良く遊べるかといえば、気の合う子もいるし、どうしても合わない子もいる。

うちの長男のように、一人遊びが好きな子もいる。

aくんのように一人遊びよりも他の子が遊んでいるものが気になる子もいる。

bくんのように一足先に集団生活している子もいる。

 

そんな、それぞれ違うタイプの子に『仲良く遊びなさい!』と強要することって、例えば、旦那の友達だったり同僚の奥さんだからって、奥様同士で仲良くお付き合いしなさい。と言われることと同じなのかなって。

 

大人なので、とりあえずは、その日のその場は表面上うまくお付き合い出来るようになったけど、やっぱりよく知らないタイプの人に合わせて付き合うのは、解散後ドッと疲れたりしますよね。

子供も同じなのかなって。

 

親同士が友達だからって、仲良く遊べ、おもちゃ貸してあげなさい。って言われても、貸すのが嫌なものもあるし、なんだかやり取りが気に入らない時もある。そりゃ、仕方ないことだよね。

 

なので、『仲良く遊べなくても、自分の友達じゃないんだから仕方ないよね。今日一日おもちゃ貸せてエラかったね。少し仲良く遊べる時もあってよかったね。』と思うようにしました。

 

 

ずっと仲良く遊ぶことは、自分の気の合う友達じゃないんだから仕方ない。でも、世の中にはいろいろなタイプの人間がいるから、それを知る、社会性を育む上で、こういう経験も必要。と思いながら、気にし過ぎずお付き合いしていきたいです。

 

きっと、子供たちも保育園、幼稚園に入ったら、気の合う友達、なんとなく合わない友達が出来てくるんでしょうね。

そうなってくると、逆もあるのかな。

子供の友達の親=必ずしも気の合うママ友ではない。 って。

 

なんだか、今後長男が幼稚園に入園したら、どんな子と友達になるのか、楽しみでもあり、心配でもあり・・・。

いろいろと考えさせられた久々の集まりでした。

 

 

 仕事復帰、3人目計画、どちらを先にするにしろ、長男は来年4月に幼稚園入園は決定なので、この1年悩みながら、出来るだけ楽しみながら家庭保育したいです。

 

でも、少子化、ご近所関係が希薄になりつつあるこの世の中での家庭保育の難しさを、子供が1歳児過ぎから感じているので、保育園に通わせていることがうらやましくもなったり。

うーん。かといって、働きながらの育児も毎日バタバタで大変なんだろうなぁ・・・

どんな環境になっても、子供が何歳になっても、育児には悩みがつき物になりそうですね。