わたしにとっては 輝く日常

2人の子どもとの平凡な毎日。でも、自分にとってはキラリと輝く日常でありたい。

妹が絶賛結婚準備中。自分たちの時のことを振り返ってみる。【指輪編】

Ring in Yellow

 

 

昨年末2歳下の妹の結婚が決まり、3月に入籍、夏~秋に結婚式をする予定のようです。 

今はその旦那さんとなる人との共同生活をスタートさせていて、実家には月1~2回帰ってくるかどうかです。

 

そんな妹がおととい実家に来たついでにうちに遊びに来ました。

 

今は仕事の合間に、結婚指輪を見に行ったり、式場の問い合わせをしたりしているようで、いろいろと忙しいようです。

 

そんな話を聞いていたら、『あぁ~うちも4年前の今ごろは結婚準備で忙しかったな~!』と、なんだか懐かしくもあり、その忙しさも、キラキラとしていて、楽しかったなぁ。と、今では良い思い出です。

 

 

元々、私がいろいろプランニングするの好きなタイプなのもあるのかな。

結婚準備で彼氏(旦那さん)とケンカしたりして、ピリピリして、もう二度とやりたくない!!というカップルもいるかと思いますが、うちはほぼ私が主導権を握っていて、私の思い通りにやれたので、とっても楽しかったです(笑)

あ、ちゃんと最終的な決定権は、お金を多く出す旦那様にして進めましたよ( ̄▽ ̄)

 

 

そんな結婚関連、自分たちのことを思い出しながら書いてみます。

 

まずは婚約指輪&結婚指輪について。

 

ここは主婦ブログですが、案外、購入した直後のレビューやクチコミとかはあったりしても、購入して数年の実際のレビューって少ない気がするので、これから結婚を控えたどなたかの参考になればいいなと思います。

 

 

そういえば、主婦生活の中で話題になることが少ない結婚指輪。

 

そういえば、ふと思うんですが、結婚指輪って普通の服やアクセサリーと違って、主婦生活の中で『その指輪どこの~?』って話題になる機会って少なくないですか?

どうでしょう?私の周りだけかな?

 

でも、結婚指輪って正直、遠くから見ると、デザインが大きく変わるわけでもないし、石が入ってる、入ってないの違いぐらいで、どれも同じようなプラチナ(またはゴールドなど)の指輪に見える。というか・・・(笑)

 

パッと見で、『その指輪素敵~!』とか『あ、○○の指輪!?』って思うことって少ない気がするんですよね。

特徴的なデザインのブランドの指輪などを除いて。

 

それはきっと、一生のうちに何度も買えるものではない。ということだったり、人それぞれ思い入れを持って『これが私たちには一番!』と納得して購入したものだから、他人のしている指輪にそれほど興味がいかない。ということもあるかと思うのですが。

自分が結婚準備中は既婚者の人に『どこの指輪ですか?』って聞きまくってましたけどね。 

 

だからこそ、結婚指輪は他人の目を気にするのではなく、自己満というか、自分たちが一番いいと思ったものを購入したらいいんじゃないかなと思います。

 

 

ブライダルリングブランドのパターン5つ

たくさんあるブライダルリングのブランド。なんとなく5つぐらいに分かれる気がします。(私の感覚なので、違ってたらすみません。)

 

 

①ブライダル専門店

アイプリモ、ダイヤモンドシライシなど。

 

結構、このブライダル専門店、特に上の2店で購入した人周りで多いかも。

結婚情報誌なんかにもよく載ってるし、結婚指輪を探し始めると目につくので、とりあえず行ってみて決めたかんじなのかな。

専門店なら品質やアフターフォローも安心ですしね。

 

 

②ハイブランド系

ハリーウィンストン、カルティエ、ブルガリ、ティファニーなど。

普段からブランド好きな子はハイブランド選んでるかも。

憧れではありますよね。

私はブランドにそれほど興味ないのですが、それでもティファニーのリングは憧れていて、旦那とお付き合いして1年目の誕生日プレゼントにゴールドの指輪を買ってもらいました。

ブランドリングの中だったらブシュロンとか素敵でいいな~と思ってました。

でも、個性的なデザインで、少し通っぽいブランドなので、ブランドものは割と好きだけど、みんなと同じはイヤ。という人たちが選び、周りで4人ぐらいブシュロンのリングを選んだ子がいたので、やめました。

あ、あと、旦那がするリングを考えた時に似合うものがなかった。というのも理由ですが(*´ω`)

 

 

③カジュアルリングも扱っているブランド系

4℃、スタージュエリー、アーカー、アガットあたり。

ここらへんのブランドはカジュアルリングも扱っているので、お付き合いをしている時に、誕生日プレゼントだったり、ペアリングなどを購入したことがあって、馴染みがあるので、そのままお気に入りブランドで買いました。という人が多いかも。

自分でご褒美アクセサリーとしていくつか持っていたり、誕生日でそのブランドのネックレスやファッションリングを買ってもらっていたりして、お気に入りブランドなので、結婚指輪もそのブランドにしました。という人が私の周りにも数人います。

 

 

④フルオーダー系

『オリジナル』とか『一点もの』とか好きな、他の人とかぶるのがイヤな人が選ぶかんじ。

ケイウノとか、店舗数1店舗だけとかのフルーオーダーやってるお店とか。

 

職場の元同僚がケイウノでフルオーダーした結婚指輪でした。

石が追加できるようなデザインにしていて、初めはダイヤと自分の誕生石を入れていて、子供が生まれたらその子の誕生石を追加していく!って言ってました。

そういったデザインの自由度が高いのがフルオーダーのいいところですよね。

 

 

➄卸問屋とかオンラインショップとか。

あとは御徒町にある卸問屋とか、BRILLIANCE+というネット通販のショップとか。

ブランドにはこだわらない分、素材にこだわりたい人が選ぶかんじ。

 

ブリリアント+のサイト、見ているだけで妄想が広がります。。。

私も何度かこちらのHP見て、値段を参考にしたり、デザインの妄想とかしてました。

ブリリアンス+はオンライン販売が主ですが、銀座、横浜、大阪、博多にショールームもあるようです。 やっぱり大切なものだから出来る限り現物見て買いたいですよね。

行ってみようかなーと思っていたのですが、その前に行ったショップで決めてしまったので行けませんでしたが・・・

 ショールームが遠い方にはサンプルの貸し出しやイメージシートが請求できたりするようですよ。

 

 

 

で、最終的に私たちが選んだ指輪。

 

TANZO.というお店のものです。 

www.tanzo.jp

 

鍛造製法のオーダーメイドブランドのお店です。

4年前は東京(馬喰横山) のお店しかなかったのですが、今は大阪と横浜の3店舗あるようです。

 

特にブランドにこだわりがなかった私たちですが、デザイン的にはなんとなく槌目っぽいデザインがいいな~と思っていました。

 

 

指輪について調べているうちに、指輪の製法には鋳造製法という型に金属を流し込む方法と、鍛造製法という金属を叩いて形成する製法があるということを知りました。

鍛造製法だと金属の中の空気が抜けて、頑丈になるようです。ただ、製法の特徴から、複雑なデザインを作るのは難しいということでした。

 

友人が購入した、カジュアルリングも扱っているブランドの結婚指輪(前出のメジャーなブランドではありません。)が、1年足らずで歪んでしまった。というのを聞いていたりしたので、せっかく購入するなら頑丈なものを!と思い、数少ない鍛造製法のオーダーメイドブランドで出てきたのが『TANZO.』でした。

 

ただ、まだその頃はクチコミも少なく、失礼ですが、HPもなんだか怪しいというか宗教っぽいというか・・・・(笑)

資料請求すると、本が一緒に送られてくるんですが、それがまた怪しいんですよね(笑)

 

どんなもの買わされるんだろう・・・と少々の不安はありましたが、とりあえず行ってみよう!ということで、一番初めに行ったのがこちらでした。

 

 

お店は下町、問屋街な雰囲気の、東日本橋・馬喰横山にあります。

ビルの1階が宝石、2階が呉服という店舗になっていて、2014年にリニューアルしてだいぶラグジュアリーな雰囲気になっていますが、4年前はもっと“宝石屋”みたいな雰囲気でした。

 

白衣を着たプランナーの方がついてくれ、ダイヤモンドの4Cについて教えてくれたり、ダイヤモンドのハート&キューピットをスコープで見せてくれたり。

 

そして、実際にデザイン例の写真を見たりしながら、どんなデザインがいいというのを話し合っていきました。

 

こうなるともう自分たちの気持ちも上がってくるし、既製品のお店とは違って、『ちょっと考えてからまた来ます。』とは言えない雰囲気です(笑)

 

そんなこんなで、結局1店舗目で行ったTANZOで決めてしまいました。

 

でも、事前に指輪の値段はこれぐらいが相場かな?というのは調べていて、提示された額もその相場と大きく変わることもなかったので、信頼してお任せできました。

 

 

 

で、出来上がった婚約指輪&結婚指輪がこちらです。

 

f:id:miyucho728:20170208153839j:image

 

婚約指輪は0.25カラットほどのダイヤに両サイドメレダイヤが6石ずつ12石。

結婚指輪は槌目模様が斜めに入っていて、クロスになってるデザインです。

 

当時のお値段で、3本合わせて50万程だったと思います。

すごく安いわけではないけど、高くもないかな。という印象です。

 

鍛造の指輪は持った時に重さを感じるぐらいすごくズッシリしています。

本当に金属が詰まってるかんじがします。

だからといって、その重さに指が疲れることもなく、ちょうどいい存在感で指に馴染みます。

 

オーダーなので、微妙なサイズ調整をしてくれ、ほんとに自分の指にピッタリです。

既製品の指輪だと、9号は微妙にキツイけど、10号は緩い。というかんじなので、外側に重ね付けする婚約指輪は9.5号、結婚指輪は気持ち大きめの9.0号というかんじにしてもらいました。

 

 

はじめは『結婚指輪はたぶんしないから、好きなの選んでいいよ~』と言っていた旦那も、自分たちでデザインを決めたというので気に入ったらしく、ちゃんと毎日つけてます(´∀`)

 

そんなこんなで決めた指輪。 今でもお気に入りです!

 

 

アフターフォローもちゃんとしていて、やっぱりピッタリサイズにしていた結婚指輪の方が、妊娠・出産などもあり、キツく感じるようになってしまって、婚約指輪と同じ9.5号にお直しをお願いしました。

 

小さい子がいる今、店舗に行くのは難しいので、宅配でのやり取りでお願いし、きちんと対応してくれました。

(ただ、こんな大切なものに限って、宅配業者の積み込み作業中の事故で、荷物が何かに踏まれたか挟まれたかしたらしく、指輪を入れていた缶がバキバキになって届くという、ヒヤッとした出来事がありました・・・。 梱包をしっかりめにしていて、小さいものだからとケチらずちゃんと補償のある配送方法にしていたので、指輪が無事で良かったです。)

 

ついでに婚約指輪のダイヤが落ちそうではないかとか指輪の健康診断をしてもらい、ピカピカに磨いてもらって戻ってきました。

 

 

 

TANZOさんは特に広告も出したりしていないし、紹介キャンペーンとかやっていないので、知る人ぞ知る。なブランドですが、自分の利益抜きにしてでもぜひおススメしたいブランドさんです!

 

指輪検討されている方、ぜひおススメです。

 

 

ただ、一度行くとそのまま決めてしまう可能性があるので(笑)、こういったオーダーメイドのお店に行く時は、いくつかお店をまわって、大体の予算やデザインの方向性を決めてから一番最後に行かれることをおススメします(∩´∀`)∩

 

 

 

 

 ★関連記事★ 

miyucho728.hatenablog.com

 

miyucho728.hatenablog.com